今こそ店舗での不動産集客を見直そう!

HOME » 要注意!集客できない不動産店舗の特徴

要注意!集客できない不動産店舗の特徴

このページでは、集客できない不動産店の特徴を調べています。

集客できない不動産屋…その理由は

インターネットの普及により、さまざまな業界の集客法が激変しました。しかしこと不動産業界においては、店舗ならではの接客を惜しむ声が、ほとんど聞こえません。

そもそも不動産業界には、長年に渡り「貸し手が上」という慣習がありました。そこに胡坐をかく業者が、消費者に以下のようなイメージを植え付けてしまったのです。

  • 店舗が古く、暗くて入りにくい
  • 張り紙で店内が見えないほど。それらの物件情報も、鮮度が低そう
  • いつも暇そうな年配者がワンマン経営している
  • 「貸してやる、売ってやる」という態度で、サービス業としての誠意が見えない
  • 捌きたい物件を強引に押し付けられそう
  • 問題が起きても、「知らぬ存ぜぬ」で責任を取らない
  • 手数料を必要以上に徴収し、私腹を肥やしている

このような場所に、わざわざ足を踏み入れたいと思う人がいるでしょうか?ユーザーが店舗を無視し、ネット上で情報収集するのは、ある意味当然といえます。

「では…」と重い腰を上げて始めたネット集客も思うように運ばず、困惑の体の不動産業者が急増中…。いま店舗の見直しは、不動産店舗に課せられた急務といえます。

最新設備を導入してイメージUPを!

ユーザーがネットで情報を絞り込み、ピンポイントでしか来店しなくなった状況を改善するためには、店舗の見た目や雰囲気を大きく改善する必要があります。

不動産業者古くなった店舗を改装する、雑然とした店舗をきれいにする、
接客態度を改善する…このように「ふらりと店内に足を運べる環境」を整える努力は、必要不可欠。

さらにプラスαで、他店に差がつく最新設備を導入すると、客足に大きな変化が生じることがあります。

本サイトでは不動産店の店舗集客をサポートする、最新設備の情報を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

 
頭とお金を上手に使う!不動産集客ガイド