今こそ店舗での不動産集客を見直そう!

HOME » デジタルサイネージで不動産集客を! » よくある質問箱

よくある質問箱

不動産集客の新兵器・デジタルサイネージに関する質問に回答しています。

そもそもデジタルサイネージとは何ですか?

英語ではDigital Signageといい、日本語では「電子看板」と訳されます。平たく言えば、デジタル技術を活用してディスプレイやプロジェクタなどに多様な映像や情報を表示できる、最新の広告媒体として注目されています。大きな特徴は、タッチパネル方式に対応できるところ。不動産店の店舗集客においては、ユーザーの物件検索を活性化させます。

デジタルサイネージのメリットはどんな点ですか?

第一に、紙媒体の広告とは比べものにならない量の情報を掲載できます。第二に、文字や静止画だけでなく、動画による情報を流せるメリットがあります。

ネットワーク通信で表示内容を操作することも可能で、多数のコンテンツや多様な映像広告を展開できます。言ってみれば、店頭に自前で映像広告媒体を所有できるということであり、目に留まりやすく、高い広告効果が期待できるのです。また前述の通り、タッチパネル方式に対応しているため、双方向メディアとして使用できます。

ITに詳しくない人間でも操作できますか?

直感的なインターフェースを採用しているため、パソコンやスマートフォンなどを扱える方であれば、ほぼ問題なく操作できます(マニュアルもあり)。もちろん設置は業者に依頼できるため、専門的な知識は不要です。

タッチされたログなどは見られるのですか?

こちらはまさに、デジタルサイネージならではの利点です。タッチされたコンテンツの年月日、時間、回数などアクセス履歴を管理画面からチェックできますし、ログの集計やCSV形式でのダウンロードなども可能です。

また埋め込んだQRコードからモバイルサイトへのアクセスログやFeliCaへのタッチログも閲覧可能。さらに機種によっては、顔認識システムや人感センサー、超指向性スピーカーなどを使って効果測定などを組み込むこともできるそうです。取り扱い業者に確認してみてください。

映像・動画など配信するコンテンツ作成はどうすればいい?

デジタルサイネージでは、すでにあるコンテンツを配信することはもちろん、取り扱い業者にコンテンツ作成を依頼することも可能です。もちろん内容によって料金や制作日数が異なるので、まずは問い合せてみるとよいでしょう。

 
頭とお金を上手に使う!不動産集客ガイド