頭とお金を上手に使う!不動産集客ガイド

今こそ店舗での不動産集客を見直そう!

本当に成約につながる不動産集客とは

本サイトでは、来店者を増加させ、物件の成約につながる不動産集客法をリサーチしています。現状、考えられる方法は以下の通り。

  1. 不動産業者イメージインターネット集客
  2. 店舗集客
  3. チラシや雑誌などの紙広告

果たして最も効果の高い不動産集客法は、どれなのでしょうか。

不動産集客に役立つ、最新システムを調査

ネット集客は本当に効果的なのか

まずチラシや紙広告。こちらはインターネットの普及に伴い、来店誘致効果が薄れつつあります。近年のユーザーはPCを使い、情報を自力で調べます。そこで条件に合う物件が見つかれば、チラシなど用済みとなってしまうのです。

またネットは、日々の情報更新が容易。チラシの原稿作成や印刷を行っているうちに、どんどん新しい情報が掲載されていくのだから、かないません。

ではネット集客さえ行っておけば、それで安泰なのでしょうか?実際、ここ10年以内に多くの不動産業者が自社ホームページを立ち上げ、不動産ポータルサイトに出稿しています。

ところがユーザーの来店や成約に結びついているかと言うと、首を傾げる不動産店が多いのです。一体不動産ネット集客には、どのような問題があるのでしょう。

  • 不動産ポータルサイトに掲載されている物件や、会社情報に魅力がないため、ユーザーが公式ホームページを訪れない。
  • 公式ホームページのデザインや使い勝手が悪く、サービス内容が伝わらないため、
    ユーザーの来店に結びつかない。

これからの時代、ネット集客は必要不可欠ですが、ユーザーの来店を促す導線引きが明確でなければ、いつまでたっても、成約に結びつかないわけです。

店舗集客を見直そう

物件検索イメージとはいえ、不動産のネット集客には、未だ「これが正解」という法則がありません。ブラッシュアップを続ける必要がありますが、見直すべき集客法は、他にもあります。それが、店舗集客です。

店頭の物件情報を見て来店するユーザーは、その地域で物件を探しているため、成約に結びつく可能性が高くなります。いま一度店舗を見直してみましょう。店頭のガラス戸に紙の物件情報を貼り付け、店内の様子が見えないほどではありませんか?

ひと昔前の不動産屋は、ユーザーの来店を待ち、悠然と構えていました。しかし今の時代、古くて暗い店舗、鮮度の低そうな情報、横柄な接客態度の不動産屋に、ユーザーは寄り付きません。最新の設備を導入し、新鮮な物件情報を提供する努力が必要なのです。

本サイトでは、集客の悪い不動産屋のイメージを刷新するシステムの情報を紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

もしかしたら、報われないネット集客に多額の予算をかけるより、ずっと確かな手応えを感じることができるかもしれません!

不動産店舗のイメージを変える最新システムとは

 
頭とお金を上手に使う!不動産集客ガイド